素敵なお住まいを訪ねる新企画、
「サラグレース」オーナー、黒川早織さんのインテリア訪問最終回は
2階の個室のインテリアのご紹介です。

「**素敵リビング** by サラグレース
http://ameblo.jp/sarahgrace/ 
Sarah Grace
http://www.zakka-sara.com/




020

白のインテリアで統一された1階のLDKとは対照的に、
2階の個室はそれぞれ床材も壁の色も違っています。

「ベッドルームは、薄いグレーの壁にしたかったんです」
白い窓枠や廻り縁がなければグレーとは気づかないほどの、
ごく薄いグレーの壁は、落ち着きとリラックス感を空間に与えています。

018

フランス伝統のキルト、ブティのベッドカバーに
控えめな花柄の「CABBAGES & ROSES」のクッションを合わせ、
洗練されたなかにも、くつろぎを感じさせるコーディネートです。
床材は、伝統的なヘリンボーン張りで
グレーのペイントを重ねて、ニュアンスを出しました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆


ほかに2つある個室のうち、ひとつはアトリエに。
黒川さんがお好きな、シャビーシックなものが集まっています。

034

「アンティークのフローリングをすすめられて。質感の合う
シャビーなものが集まってきました」
アンティークのアイアンフレームのベビーベッドをソファがわりに。
こちらはざっくりとしたリネンのクッションを合わせて。


029


小さな雑貨は、壁に取り付けたシェルフに飾って。
漆喰の壁に、古びた味わいのあるものが映えます。

028



リビングの吹き抜けに面した室内窓の前に
コンソールテーブルを置いてデスクに。

025


額装して飾る予定のアンティークの書類や、トランク形の木箱、
ガラス瓶といった、
想像力をかきたててくれるようなものが並びます。

032

「どのインテリアも素敵だと思うから、
テイストを1つに決められなくて・・・・・・。
インテリアのベースにしている白にも、
アイボリー系やグレー系、青みのあるものなど
いろいろな色合いがあるから、
合わせ方や相性など、いろいろと試して勉強中です」

◆   ◆   ◆   ◆   ◆


好みの色とテイストを軸に、さまざまなインテリアを試し
楽しんでいる黒川早織さん。
秋には、東京・自由が丘に新ショップをオープンの予定で、
次のテイストの構想を練っているところだそうです。

このサイトでもニューショップをご紹介する予定ですので、
お楽しみに!


撮影 坂本道浩
取材・文 藤岡信代