shopjapan_20160924_003



スタイリングディレクターのササキトモコです。
連日の雨、そろそろ本格的な「秋」が待ち遠しいですね。


今日は、大手通販サイト「ショップジャパン」のブランドサイト掲載記事から、
簡単に楽しめる人気のチョークボードペイントの作り方をご紹介します。


「明日を、もっと、ハッピーに!」
ショップジャパンブランドサイト




shopjapan_20160924_006




今回も制作にあたって、
大阪でアンティークショップを運営する
フォトスタイリングクリエーターのパインさんに協力してもらいました!

前回のご紹介記事

3



鉢カバーは、「とにかく初心者でも簡単に丈夫なものを作りたい!」
と試行錯誤しましたが、

今回のパインさんへのリクエストは、
「今、人気のチョークボードペイントをオリジナルサイズでつくりたい!」

壁にチョークペイントを塗れたらいいけれど
賃貸などにお住まいの方には、少しハードルが高くもあります。
そんなときにも諦めなくていいように、
大判サイズで、自分で移動もできるものを作ってみました。

撮影に使用したのは、ベニヤ板80×60cmサイズ。

ベニヤ版の厚みもいろいろあるけれど、
薄すぎると長く使ううちに木が反ってしまう可能性も。

反対に、厚すぎると頑丈な分、持ち運びしにくくなるので、
いちばん使いやすそうな9mm厚さのベニヤ板を選びました。


shopjapan_20160924_005



黒板塗料に使ったのは、「イマジンチョークボードペイント」。
子どもにも安心して使えて、壁紙にも塗れることが選んだ決め手。
カラー展開も20色と豊富♪

今回、500ml缶のサイズで、2枚のボードが作れました。
撮影裏で、お兄ちゃんが楽しそうにペイントを完成させました!

shopjapan_20160924_004


仕上げは、ステンシルで文字入れ。ここはママの出番。

shopjapan_20160924_007
 

ステンシルをするときのポイントは、
文字がきれいに並ぶように、事前に位置決めをすること!
マスキングテープを使うと便利です♪
 

shopjapan_20160924_002


 
SCHEDULE(スケジュール)とステンシルしましたが、
お子さんの名前にしても楽しそうです ^^
ここは、鉢カバーと同じステンシルを使いました。

 

撮影中は、楽しそうに兄妹で黒板にお絵かきをしてくれて
帰りには、大事そうに自宅にお持ち帰りしてくれました。

大人も子どもも楽しめるチョークボードペイント。
秋の休日に家族で楽しむヒントになれたら嬉しいです。



パインさんのブログはこちら↓


ショップジャパンブランドサイト


撮影 八田政玄
スタイリング&ディレクター ササキトモコ 
https://www.instagram.com/tomocosasaki/