20170420_01
ペイントショップオーナー&
フォトスタイリストの荒井美保です。

アニースローンペイント
写真撮影用ボードの販売店をしています。

春になり、カラフルな花が出てきています。
少し大きめの空き缶をペイントして、
簡単寄せ植えを作ってみませんか?

リメ缶の寄せ植えは
庭のない人も置くだけで華やぎ、
ポイントになります。

リメ缶のペイントも寄せ植えも簡単で、
初めて方も順番どおりにやれば
あっという間にできあがります♪

リメ缶は30分ぐらいで完成なので
空いた時間に作り、
寄せ植えはお休みの日にするのいかがでしょうか?

リメ缶の作り方

用意するもの 
20170420_02
・トマトの水煮の缶 直径12cmぐらい
・太めのくぎ
・金づち
・発砲スチロール
・スポンジ


今回、使用するペイントはこちらです。
20170420_03
色はお好きな色をペイントしてください。
右2色、オンフルールとバーガンディという
色目は錆び風加工に使いました。
 
錆び風加工は少量なので、
アクリル絵の具の茶色とワインのような
赤色でも錆び色を出せませます。
汚れた感じを出すワックスは
ダークワックスとブラックワックスを
使用しました。


リメ缶は、5工程で作ることができます。
 
STEP1 水通しの穴をあける
STEP2 ペイントする(1回塗り)
STEP3 ポンポンと表情をつける
STEP4 ステンシルをする
STEP5 錆び風加工をする

それでは、詳しい作り方をご紹介します!


STEP1
20170420_04
缶を塗る前に水はけの穴を開けます。
釘を当てて、金づちでたたきます。


20170420_05
このように缶全体に
均等に穴を開けます。


STEP2
20170420_06
ペイントをします。
1回塗りで定着します。
薄くなっているところは
1度完全に乾いてから2回目を塗ってください。

STEP3
20170420_07
いったん乾かし、
ポンポンと缶に表情をつけます。
色はオールドホワイトスポンジで
全体にポンポンとつけました。

ペンキをつけたスポンジは、
余分なペンキを落としてから
ポンポンしてくださいね。

STEP4
20170420_08
ステンシルをします。
ステンシルシートは動かないように
テープで固定してから、
ステンシルブラシでポンポンと
穴の開いたところにペンキをつけていきます。


STEP5
20170420_09
錆び風のペイントをします。
錆びがついて、時間が経ったように
見せるのにペンキで色を入れます。

色はオンフルールという茶色と
バーガンディを混ぜて、さび色を作りました。
 
ここは少量なので、
アクリル絵の具で代用してもOKです。

上下の缶の縁など、錆びそうな場所に
茶色を入れることがポイントです。


20170420_10
ペイントが乾いたら、できあがりです♪


ベースの缶とステンシルの色を選ぶコツ

意外に悩まれるのが
ベースの缶とステンシルの色の選び方。

リメ缶自体を目立たせたい時は
ベースとステンシルを
はっきりとしたコントラストがつく
色目を選びます。

また、優しい感じに仕上げたい場合は
明度の差がない、同系色や
コントラストのない色を選びます。

また、植える花の色目によっても
雰囲気が変わるので、
ペイントした色で植える花を選ぶのが
おすすめです。

20170420_11
左のジベルニー(ブルー)は
元気な鮮やかな色なので、
白のステンシルを入れて
少しはっきりさせました。

ダークワックスとブラックワックスで
汚し加工を入れています。
春のお庭に元気な色が欲しい人は
この色がお勧めです。


真ん中のオールドホワイトの缶は
グラファイト(黒)のステンシルを
入れました。

無彩色の白に黒の分量が
少なく入っているので、
コントラストが強くなり過ぎません。

ダークワックスとブラックワックスで
汚し加工を入れています。
植えるお花によって、
鮮やかにもなり、おとなしくもなります。


右はダックエッグブルーです。
ベースとステンシルに
あまりコントラストがない組み合わせです。

ペイントが目立たない色なので
花に視線を持っていくことができます。

ベースの色とステンシルの色は
お庭のアクセントに色を入れるか、
花を目立させたいか、
などを考えながら決めて下さいね。


リメ缶の寄せ植えを作る

STEP1
20170420_12
リメ缶の一番底に発砲スチロールを
2x2cm角程度に(適当でOK)
ちぎって入れます。

一般的には鉢底石を置くのですが、
発砲スチロールは軽くて
水はけがよいので鉢底石の変わりに
使うことができます。
(リサイクルにもなります)


STEP2
発砲スチロールの上に6分目まで、
土を入れます。
肥料を混ぜるとよいでしょう。
私はマグファンプという肥料を混ぜています。


STEP3
苗の根の土をほぐして置き、
周りに土を足して埋めたら
できあがりです♪ 


20170420_13
アンティーク風レンガを使い、
高低差をつけてリメ缶を置きました。
 
小さな庭ですが、
リメ缶を使って寄せ植えをしたことで、
ガーデニングが身近に感じ、
色で遊べることがお勧めポイントです。
 
リメ缶は簡単にできるので、
週末楽しんでみてはいかがでしょう?


ペイントに関する質問は、
いつでもお気軽にしてください。
info@cherrybeans.jp 
もしくは
お問い合わせフォーム


写真と文
アニースローンペイント販売店 チェリービーンズ
ペイントショップオーナー&フォトスタイリスト
荒井美保

Instagram:shabby_paint_shop