e7fb6351


おはようございます。Klastyling「暮らす+スタイリング」を読んでくださりありがとうございます。

窪田千紘とフォトスタイリストアソシエイションメンバーで、毎日の暮らしがHappyになる情報をお伝えしています。

★LINEで更新情報が受け取れます★
読者登録よろしくお願いします。



おはようございます。
おはようございます! フードコーディネーター・スタイリストのSakuraです。

年々盛り上がりをみせるハロウィン!! この季節、カボチャのスイーツをたくさん見かけますね。今年は少しアレンジして、ソースにカボチャを使用した、リンゴのHOTスイーツでハロウィンを満喫してみませんか?


01
魔女って美しいイメージがありませんか?魔女の美貌の秘訣は食生活なのかもしれません。例えば魔女がスイーツを作ったら…きっとこんな感じかも。

ポリフェノールたっぷりのリンゴと、ビタミンたっぷりなカボチャを使った美肌効果抜群なスイーツのご紹介です。

さあ! 一緒に魔女のスイーツを作ってみましょう~!!

魔女の焼きリンゴの作り方

【材 料】(作りやすい分量)
02
〈焼きりんご〉
・りんご・・・3個
・シナモンスティック・・・3本
〈濃厚かぼちゃソース〉
・かぼちゃ・・・200g
★生クリーム・・・200ml
★砂糖・・・大さじ4
★コアントロー・・・大さじ1
★バニラエッセンス・・・適量

【作り方】
☆濃厚かぼちゃソースを作る
STEP1
かぼちゃの種を取って軽く水にくぐらせてからラップで包み、600Wのレンジで2分加熱し、皮を取る。
※やけどに注意して下さい

STEP2
鍋にSTEP1と★印の材料を全て入れ、かぼちゃが潰せるくらいになるまで弱火で加熱する。
※沸騰させないこと
STEP.3
2をハンドブレンダーで撹拌し、ボウルに移し冷蔵庫で冷やす


☆焼きりんごを作る
下準備
オーブンを150℃に予熱する。

STEP1
りんごは良く洗い、芯を抜き、空いた部分にシナモンスティックを刺す。
※りんごの芯は下1/3は抜かずに残しておく。
※りんごの芯抜きは100円ショップでも購入できます。

STEP2
03
STEP1で作ったリンゴをアルミホイルでしっかり包み、リンゴに火が通るまでオーブンで30分加熱し、器に盛る。
※リンゴの種類、お使いのオーブンにより加熱時間は調整して下さい。


04
焼きたてのリンゴに、濃厚なカボチャソースをとろ~っとかけて召し上がれ♪

~ワンポイント~
・カットする前のりんごに焦げ目をつけたい場合・・・リンゴをアルミホイルから取出し、トースターでお好みの焼き色になるまで加熱する。
・カットしたリンゴの断面に焦げ目をつけたい場合・・・フライパンにバターを適量熱し、半分にカットしたリンゴの断面を下にして、お好みの焼き色になるまで加熱する。


05
ホクホクなリンゴと、冷た~い濃厚カボチャソースの組み合わせがたまりません。一口食べればその美味しさの魔法にかかってしまうことでしょう~。

簡単で美味しくて美容にも良い魔女のスイーツ、ぜひお試し下さい。


フードコーディネーター/スタイリスト

フォトスタイリストアソシエイションメンバーで料理&ハロウィーン研究家の五条まあさっちんさんの『キモめし』が発売されました。簡単なハロウィンレシピはこちらもどうぞ!




 ★あなたも写真をもっと綺麗に撮れるようになりませんか?★
詳しくはこちら フォトスタイリングアソシエイションへ 

top-2kyu
まずは、フォトスタイリスト2級ベーシック講座がおすすめ


insta-logo__170718
インスタグラムでかっこいい写真を撮りたい方はこちらの通信講座がおすすめ

★LINEで更新情報が受け取れます★
読者登録よろしくお願いします。







著:たかはし ようこ 
発行:誠文堂新光社
定価:1,404円 
128P オールカラー




https://travel.rakuten.co.jp/package/