タグ:#楽しみ方

骨董を楽しもう! 江戸時代の盃洗の使い方アイデア

「盃洗(はいせん)」という器は、江戸時代に作られた足の付いた食器で、酒席でお酒を交わす際に水を入れ、盃(さかずき)をすすぐために使われていました。アンティークの盃洗を現代のライフスタイルで活用するアイデアをご紹介します。